Inner Science

Inner Science は西村尚美によるソロ・ユニット。
浸透するように透明感のあるきらびやかな音色とメロディー、ダブっぽいリズムからブレイクビーツまで変幻自在な打ち込みも魅力です。
クラブや、ライブハウスの現場だけに留まらず、メディア・アート系イベントから野外パーティーまで、昼夜を問わず様々な場面へ顔を出して精力的に活動中。
2004年以降はアンビエント・ミュージックに特化したプロジェクト”PORTRAL”(ポートラル)としても活動しています。
最近では、日本科学未来館プラネタリウムのコンテンツ「BIRTHDAY」の音楽制作。
LAのNPOネットラジオ局dublabの募金キャンペーンへの楽曲提供。Opiateが主宰するデンマークのレーベルHobby IndustriesからのASLOPE “A Helping Hand”のリミックス提供。
海外でも評価の高い日本人アーティスト9dwへ提供したリミックス楽曲が2012年度の電通の新卒採用HP「DENTSU RECRUIT 2012」のBGMに採用されているそうです。自身のプライベート・レーベルPlain Musicも2007年から運営しているとのこと。(一部my spaceより引用)

Elegant Confections (Original Version) - Inner Science

とゆうことですが…
私が気に入っている点は「音の粒が細かいところ」
基本アンビエントなんだけども、もわ〜っとしただけのアンビエントは好きじゃない。
包みこむようなシンセのうねりの中に、きらびやかな星の欠片のような電子音が乗っかってくると、それはそれはもう宇宙を見ているかの如く。
夏の終わりに山の中で星を見ながら聞いていたい。

Path to be followed / INNER SCIENCE by PLAIN MUSIC

シェアする

フォローする