IL BISONTE の長財布

財布を買いました。
つい先日まではBOTTEGA VENETAの財布を使っていたのですが、チャックの部分が壊れ…
修理にもかなりお値段がかかるとのことでした。
そして20歳の時に買ったPaul Smithのボロボロの財布を使っていました。
お祝いということもあり、一生モノを買いたいと思っていたので、だいぶ悩みましたがコレに決めました。
実は社会人になったときからビゾンテにハマって、手帳、名刺入れとビゾンテの物を数年愛用していました。
何と言ってもこの革の独特のなめし具合がたまらない。
ガッツリ耐久性の強いモノが欲しかったので、迷わずビゾンテに決めました。

使い込んでいくうちに肌に馴染む感じ。
飽き症だったので、あんまり今までは革の風合いの変化を楽しむってことが無かったけど、ビゾンテに出会ってからはものすごく大事に、愛着をもって使っています。
弱々しい革ではないので、結構ハードに使っても安心なところが大好き。
気兼ねなく使えるからこそパートナー。
肩周辺の比較的滑らかな所より、胴周りの大粒のシワを使ったやつが好みだったので、店員さんに無理言って出してもらいました。
きっと焼け具合とか経年変化を楽しむにはブラウンが1番いいんだろうけど、やっぱり自分には黒だろうということで、悩んだ末にブラックに。
うん、とてもいい買い物をした!
一生大事に使わせていただきます!

雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、あなたが日焼けすればバックも日に焼けます。
あなたのIL BISONTEはあなたの一部になるのです。 by Wanny di Filippo

シェアする

フォローする