数学の授業は必要か

私は金欠万年貧乏癖です。笑
来年度こそはしっかりやりくりします。笑

何を唐突にこんな話かと言いますと、今簿記の勉強をしています。
昨年までの勉強の中で経済学もしっかりとやってきたわけですが。(大学の勉強ではありません)これをもっと早く知っておけばよかったと思わされることばかりでした。おおまかなお金の流れがわかるわからないは本当に大事。去年まで管理統括部門で働いていたくせにお金の話が全くもって意味不明。

もっとミクロな視点で言えば一ヶ月の収入に対しての支出が全くもって理解不能なレベルな自分。笑
正直これは自分が悪いのかもしれませんが。笑

とにかく何が言いたいのかというと、義務教育時点でもっとマネーに関する意識の持ち方考え方を考えさせる必要があると思う。日本は銀行などに預金することが当たり前、投信や株はごく一部の人しかやらない。アメリカでは預金よりも投信などの積極的な資産運用が当たり前。真逆。俺は個人的に数学なんかより家計簿のつけ方を教えていただきたかった。

まぁそんなことはよく言われてはいるけども、そろそろヤバイんでないかとなぜか実感。
完全に自分たち、いや自分だけかな?うまい具合に市場に踊らされてる感が満載です。
安ければ安いだけいいんだ!それは違う。安かろう悪かろうです。まぁ一概には言えないけども、あと一歩だけ踏み込んで考えて欲しい。例えば極端な話「これは安すぎる。経費考えたら無理なんじゃね?農薬たっぷりなんじゃないか?」とか。実際は無理な話かもしれないけど。

ちょっと話がそれました。とにかく自分はしっかりやりくりできるように頑張ります。笑
子供みたいなお話。笑

シェアする

フォローする