AirMacExpressとひかり電話の設定でつながらない場合の解決法

先日、家族のネット環境変更のため、ケーズデンキひかりを契約したのですが、少しお得&モデムにポートが追加されるとのことで「ひかり電話」をセットで加入しました。すぐに解約したのですが、AirMacExpressの設定が非常に手こずったのでここでご紹介します。AirMacExpressに限らずそのほかの無線ルーターでも対応可能かと思いますので、参考にしてみてください。

光電話の解約

まずは開通工事が済んだらひかり電話の解約をします。このとき電話が全然つながらないのでスピーカーかなんかにして気長に待ちましょう。日曜日で15分ほど待たされました。また、悪い担当者に当たると全然話が通じないです。名前をしっかり覚えてあとでクレームを入れましょう。

光電話を解約するとルーターはリセットされる

これは担当の人が教えてくれればよかったのですが、何一つ教えてくれませんでした。ルーターを設定(インターネットにつなげられるようにする設定)する前に光電話を解約しないと、遠隔操作でルーターとしての機能を封印されますので、改めて設定する手間がかかります。まずなにより先に光電話の解約をしましょう。遠隔操作までの時間は1時間という担当もいたり2日という担当もいたりでよくわかりませんでした。早急に電話して確認したほうがいいです。

光電話を解約するとルーター機能は消滅する

これも説明なしでした。レンタルしているルーターはモデムとしてしか機能しなくなります。当たり前なのかもしれませんが、初歩的なところから教えてもらわないと消費者は一から十まで分かるはずもありません。

電源を全部抜く

ここで私は引っかかりました。まずモデムとAirMacExpressの電源を全部抜きます。Lanケーブルも全部抜きましょう。

インターネット側に近いところから電源を入れる

つまりモデム、AirMacExpress、パソコンという順番です。いろいろ調べていたらそんな風に書いてあるブログがありました。

AirMacExpressの設定ではPPPOEを選択

AirMacExpressの設定に入りますが、EthernetとなっているところをPPPOEに変更します。そしてプロバイダから通知されているIDとPASSを入力します。これでつながるはずです。

まとめ

ここまでやるのに7か所電話を回されました。役所でも最近は応対いいのに民間でこの対応はあり得ないと思います。結局電話じゃ何一つ解決せず。。。同じような質問を多くいただくのですがとか言ってるぐらいなら解決策のひとつくらい示してほしかった。

ここでご紹介した方法で問題が解決できる方がいらっしゃれば幸いです。