トマトダイエット

getimage

「トマト農家に太っている人がいないのはなぜ?」

この疑問に答えたのは京都大学農学研究科の研究員と、かずさDNA研究所、日本デルモンテなどからなる共同研究グループ。米オンライン科学誌「PLoS ONE」に掲載された情報によれば、脂肪肝や高中性脂肪血症などの脂質代謝異常の改善に有効な新規成分「13-oxo-ODA」を発見。肥満マウスを用いた実験で顕著な改善結果が得られたと発表しています。

トマトダイエットなるものがにわかにブームになりつつある。巷ではトマトが品切れになっているところもあるようだ。

う〜ん…ヤバイな…
私にとってはあまり嬉しくない発見でした…

どうゆう内容なのか?

トマトは血中の中性脂肪量を減少させます。脂肪分を摂取しても減少されるので太りづらいということ。

また脂質異常症や糖尿病の予防にも効果があると前々から言われていましたが、その有効成分もコレっぽい。脂質は体にとって必要なエネルギー。分解されてエネルギーになる。余談だが、俺にはエネルギーとなる脂肪が無いのが問題。そしてこの分解過程に異常が起きるのが脂質代謝異常症です。主に動脈硬化の危険因子で命に関わるものです。

んで、今回どのくらいマウスに与えたのかというと、人間の摂取量に換算するとトマトなら毎食2個、トマトジュースなら毎食200ミリリットル(コップ1杯分)になるらしい。
トマトジュースなら大好きだし余裕でクリアですね。
朝の野菜ジュース(飲んでないけど)はやっぱり体にいいってことです。
トマト大好きです。
昨日もミネストローネおいしくいただきました。
トマトクリームパスタとか大好きだし土曜日作ろうと思ってました。
じゃあ何が自分にとって問題なのかというと…

「脂肪がない」

俺には燃焼させる脂肪がないんじゃ!
エネルギー源となるものがないんじゃ!
エネルゲンとか昔流行ったけど、頑なに飲まなかったもん…
大切なエネルギーの源が奪われそうで…
これからは「禁トマト」しなきゃダメですか神様?

ううぅ…

逆ダイエットについての研究とか誰かしてください。
結構需要あると思われます。

コンビニ弁当のカロリーは絶対チェックして、少しでもカロリー高いものを買っているtakkでした。

シェアする

フォローする