WordPressのウィジェットがいつまでたっても保存できない場合の簡単な対処法

WordPressのウィジェットを更新しようと思ったとき、保存ボタンを押しても一向に保存されないときってありませんか?

私もそんな現象に遭遇してしまい、だいぶ悩みましたが、原因がわかればサクッと直せてしまうので、メモしときます。

ウィジェット保存が完了しない!!

普通はウィジェットにアドセンスなどのコードを張り付けて保存ボタンを押せばすんなり保存されますが、ある時から風車がぐるぐる回り続ける状態に…

2016-07-15_23h28_21

結局何度やっても保存されないのでかなり悩みました。

ロリポップの設定が問題だった

サーバーはロリポップのレンタルサーバーを使っています。

ここで設定をいろいろいじくりまわしたら原因が判明しました。

それは…「WAF設定が有効になっている」ということでした。

WAF設定とは?

ロリポップのサイトによれば以下のように記載されています…

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、不正なアクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能です。 不正なアクセスをブロックしあなたのサイトを守ってくれます。

~中略~

ロリポップ!レンタルサーバーでは、全プランでWAFを標準装備! これまでのファイアウォールやIDS(侵入検知)、IPS(侵入防止)で防御できなかったウェブサイトへの攻撃を検知しブロックすることで、より安全にサイトを運営することができます。

マジか。これが悪さをしているに違いない。

ということでWAFを無効にする

WAFを無効にする設定は至極簡単です。

ロリポップのユーザー専用ページから「WEBツール」の中「WAF設定」を選択。

関連するドメインの設定がデフォルトで有効になっているはずなので、これを無効に設定してやるだけです。

WAF

すんなりと保存ができるようになった!

これで問題なく保存が完了するはずです。

ロリポップの場合はこの対処法ですぐに問題解決できるはず。

ほかのサーバーはわかりませんが、もしかするとこのWAF設定があれば、ここを無効にしてやるだけで解決できるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?WordPressのウィジェットがいつまでたっても保存できない場合は、以上の簡単な対処法で解決できます。

しかし、コード入力が終わったら、必ずWAF設定を有効に戻しましょう。

セキュリティ的には無効にしておくとよろしくありません。

メンテナンスの時だけ無効にするというやり方でいきましょう。